前へ
次へ

ニュートリノ紹介パンフレット

今月の4コマ

ニュートリノってなに?

What's new

2019-11-11
ニュース
千葉大学 石原安野教授がNHK視点・論点「南極から宇宙の謎に迫る」に出演しました。[リンク]
2019-11-07
受 賞
千葉大学 吉田滋教授、石原安野教授が2019年度仁科記念賞を受賞しました。[リンク]
2019-10-01
研究会
国際シンポジウム「Dark Matter searches in the 2020s - At the crossroads of the WIMP」を共催します。(2019年11月11日(月)~11月13日(水)、東京大学柏キャンパス)[詳細]
2019-09-18
研究会
研究会「Flavor Physics Workshop 2019」を共催します。(2019年11月19日(火)~11月22日(金)、大阪府富田林市)[詳細]
2019-05-09
研究会
Vietnam School on Neutrinos 2019 を開催します。(2019年7月7日(日) ~7月19日(金)、Vietnam)[詳細]
2019-04-26
研究会
第一回ニュートリノ若手研究会「ニュートリノ振動とフレーバー物理」を開催します。(2019年6月11日(火)、名古屋大学)[詳細]
過去の新着情報

本領域の目的

 今、素粒子物理学と宇宙物理学は大きな転換期にあります。素粒子物理学の「標準理論」は加速器の発展によりTeVのエネルギースケールまでの広い範囲で検証され、理論の予想値と実験の測定値が驚くほど良く一致しています。「標準宇宙論」は、宇宙の進化における元素合成を説明する一方で、暗黒物質・暗黒エネルギーの存在を揺るぎないものとしました。しかし、宇宙に存在する物質・反物質非対称性の起源、暗黒物質・暗黒エネルギーの正体、インフレーションの起源、力・物質場の統一像などは「標準理論」、「標準宇宙論」では説明できません。宇宙の初期から現在に至る描像を統一的に理解するには、物理学の革新となる「新しい素粒子、宇宙像」が必要と考えられています。本領域では、これら未解決の課題を解決するために重要な鍵となる素粒子「ニュートリノ」を研究することで、「新しい素粒子・宇宙像」の創造に挑戦します。

  • nufrontier banner
Page Top