一般向け講演会

京都大学 第4回 市民講座「物理と宇宙」
日時2016年11月26日(土) 13:00~17:30
場所京都大学百周年時計台記念館(大ホール)
対象中高校生以上
参加費無料(講師を囲む会に参加される方には実費として500円をいただきます。)
定員500名
概要プログラム
「脳の計算原理を探る」
 篠本 滋 (京都大学理学部物理学第一教室 准教授)
「重力波直接検出の意味」
 田中 貴浩 (京都大学理学部物理学第二教室 教授)
ニュートリノ振動で探る物質と反物質の対称性の破れ
 市川 温子 (京都大学理学部物理学第二教室 准教授)
「講師を囲む会」
講演会終了後、希望者には時計台記念館2階の会議室IIIでお茶やお菓子を食べながら講師を囲む会にご参加いただけます。定員は25名で申し込み多数の場合は先着順とし、参加費として実費500円を頂きます。
ホームページhttp://www.scphys.kyoto-u.ac.jp/news/public_lecture.html

日本物理学会大阪支部 2016年度 公開シンポジウム 「最先端研究施設で探る 物質・素粒子・時空」
日時2016年11月20日(日) 12:50~16:05
場所大阪府立大学 I-siteなんば 2階 カンファレンスルーム
対象主として高校生等や一般の方
参加費無料
定員250名
概要プログラム
「重力波観測がもたらす物理学と宇宙の新しい姿」
 神田 展行 (大阪市立大学・理学研究科)
「X線レーザーで観た、生きた細胞」
 西野 吉則 (北海道大学・電子科学研究所)
「J-PARC加速器ニュートリノビームを使ったニュートリノ振動研究の最前線」
 中家 剛 (京都大学・理学研究科)
「水素社会と量子ビーム」
 大友 季哉 (高エネルギー加速器研究機構)
ホームページhttp://www.osaka.jps.or.jp/sympo2016/

先進科学塾@名大
日時複数開催(ホームページ参照)
場所名古屋大学
概要「先進科学塾@名大」は、2003年から名古屋市科学館で行って来た先進科学塾を 、会場を名古屋大学に移し大学のリソースを活用してさらに発展させようという物で、テーマに沿った実験をたくさん行い、原理を追求、自分の考えをまとめるという流れで、科学をおもいっきり楽しみ、科学のもっとも面白い部分に多くの市民の方に触れていただき、科学を市民のものにしていこうという趣旨で行います。

NHKカルチャー 京都教室「数学・物理が苦手な人にもわかるニュートリノ講座」
日時2016年04月17日(土) 14:00~15:30
場所NHK 文化センター 京都教室
参加費会員 2,916円, 一般(入会不要) 3,456円
申し込みWEBによる申込[リンク]
概要日本人のノーベル賞受賞で注目の「ニュートリノ」。宇宙はどのように生まれどのようになっているのでしょうか。その問いに、ニュートリノの研究を通じて迫ることが出来るのです。「ニュートリノとは何か」「ノーベル賞のテーマとなったニュートリノ振動とは何か」「ニュートリノを研究することでこれまでの宇宙観がどう変わるのか」。最前線の研究者が難しい数式を使わずニュートリノと最新の宇宙像を解説します。

講師:京都大学理学研究科教授 中家剛
プロフィール:2014年ニュートリノの研究で仁科記念賞を受賞。ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章さんと長年共同研究を続けている。ニュートリノをわかりやすく解説する講演も行っている。

「梶田隆章先生ノーベル物理学賞受賞記念講演会」
日時2016年07月16日(土) 13:30~ (12 : 30開場)
場所東海文化センター
参加費無料
申し込み電子メール、往復はがきによる申込[リンク]
概要2015年、ノーベル物理学賞の受賞理由となった「ニュートリノ振動」。この極小の素粒子の謎を解明することが、極大な宇宙の誕生の謎を解明することに繋がります。実験科学者として、ニュートリノの謎に挑む梶田隆章氏と、理論科学者として宇宙の謎に挑む村山斉氏。この二人を中心に、T2K実験でニュートリノの謎に挑むJ-PARCの研究者を交えておくる講演会です!

講演1.「父なるニュートリノ」
 東京大学 カブリ数物連携宇宙研究機構機構長 村山 斉 教授
講演2.「ニュートリノ振動の発見と今後の展開」
 東京大学 宇宙線研究所所長 梶田 隆章 教授
交流セッション
モデレータ(進行役) 
 東京大学大学院 理学系研究科 横山 広美 准教授
登壇者
 梶田 隆章 教授
 村山 斉 教授
 中家 剛 教授 (京都大学)
 齊藤 直人 教授 (J-PARCセンター)
 小林 隆 教授 (J-PARCセンター)

京都府向日市立第5向陽小学校 特別講義「素粒子とニュートリノ」
日時2016年01月20日(水)
場所向日市立第5向陽小学校
概要講義タイトル

「素粒子とニュートリノ」
中家剛(京都大学大学院理学研究科 教授 )

NHKカルチャー 京都教室「数学・物理が苦手な人にもわかるニュートリノ講座」
日時2016年04月17日(土) 14:00~15:30
場所NHK 文化センター 京都教室
参加費会員 2,916円, 一般(入会不要) 3,456円
申し込みWEBによる申込[リンク]
概要日本人のノーベル賞受賞で注目の「ニュートリノ」。宇宙はどのように生まれどのようになっているのでしょうか。その問いに、ニュートリノの研究を通じて迫ることが出来るのです。「ニュートリノとは何か」「ノーベル賞のテーマとなったニュートリノ振動とは何か」「ニュートリノを研究することでこれまでの宇宙観がどう変わるのか」。最前線の研究者が難しい数式を使わずニュートリノと最新の宇宙像を解説します。

講師:京都大学理学研究科教授 中家剛
プロフィール:2014年ニュートリノの研究で仁科記念賞を受賞。ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章さんと長年共同研究を続けている。ニュートリノをわかりやすく解説する講演も行っている。

日本科学未来館 サイエンティスト・トーク「ニュートリノが語る世界のしくみ-2015年ノーベル物理学賞受賞記念」
日時2015年12月05日(土) 14:30~16:15(予定)
場所日本科学未来館 3階 実験工房
参加費入館料のみ
定員40名
申し込みWEBによる申込、先着順。[申し込みフォーム]
概要講演タイトル

「ニュートリノが語る世界のしくみ-2015年ノーベル物理学賞受賞記念」
中家剛(京都大学大学院理学研究科 教授 )
その他本イベントはニコニコ生放送でライブ中継を行う予定です(14:30~16:00)[リンク]

大阪府立岸和田高等学校 SSH講演会「幽霊素粒子ニュートリノ」 -見えない粒子を見るには?-
日時2015年06月27日(土) 9:20~11:20
場所岸和田市立浪切ホール 大ホール
参加費無料
申し込み不要
概要講演タイトル

「幽霊素粒子 ニュートリノ ―見えない粒子を見るには?―」
中家剛(京都大学大学院理学研究科 教授 )
その他ポスター

島根大学ヒッグス・初期宇宙プロジェクトセンター講演会
日時2015年01月11日(日) 14:00~15:30
場所島根大学総合理工学部1号館2階21講義室
対象高校生以上
参加費無料
申し込み不要
概要大型加速器J-PARC、大強度ニュートリノビーム、超大型ニュートリノ測定器スーパーカミオカンデを使って行われたニュートリノ実験T2Kの紹介をし、近年発見されたミューオンニュートリノから電子ニュートリノへの変化について発表します。高校生以上の一般の方にも分かりやすく、日本のニュートリノ研究の最前線の状況を紹介します。

開会挨拶 竹内 潤 (島根大学・理事/副学長)
素粒子物理学とは? 波場 直之 (島根大学・教授)
理論物理学とニュートリノ 石田 裕之 (島根大学・特任助教)
幽霊素粒子「ニュートリノ」が変化した!? 中家 剛 (京都大学・教授)
その他ポスター

東京都立科学技術高等学校短期集中講座「素粒子物理学へのいざない」
日時2014年3月20日(土)
場所東京都立科学技術高等学校
概要講座タイトル

「素粒子物理学へのいざない」
安田修(首都大学東京 教授 )

KEK 公開講座 2013「ニュートリノ~素粒子で宇宙誕生の謎解き~」
日時2013年12月21日(土) 13:30~16:00
場所高エネルギー加速器研究機構(KEK) 研究本館 小林ホール
対象中学生以上
参加費無料
定員170名(申込多数の場合は抽選)
受付期間11月5日(火)10:00~ 11月27日(水)24:00
申込方法上記受付期間中に、参加申込のページより、お申込みください。
概要「ニュートリノと宇宙の謎」
北野 龍一郎 (素粒子原子核研究所 教授)

大強度陽子加速器を用いた実験で発見された新しいニュートリノ振動 (PDF)
中平 武 (素粒子原子核研究所 准教授)
お問合せ高エネルギー加速器研究機構 企画課
〒305-0801 茨城県つくば市大穂1-1
TEL 029-864-5113
FAX 029-864-5195
Email kouzaatkek.jp
ホームページhttp://kouza.kek.jp/

KAVLI IPMU・ICRR合同一般講演会「宇宙をひもとく」
日時2013年12月1日(日) 13:00~16:00
場所東京大学本郷キャンパス 理学部1号館2階 小柴ホール
対象中学生以上
参加費無料
定員170名(要事前申込、2013年11月15日締切)
参加登録不要
概要プログラム
「超新星で探る宇宙の進化」 野本 憲一 (東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構主任研究員・特任教授)
「素粒子標準模型とヒッグス粒子」 伊部 昌宏 (東京大学宇宙線研究所・准教授 (カブリ数物連携宇宙研究機構科学研究員を併任))
「ヒッグス粒子を超えて」北野龍一郎 (高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所・教授)
お問合せ東京大学国際高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構 広報アウトリーチ担当
TEL 04-7136-5974
Email koukai-kouzaatipmu.jp
ホームページhttp://www.ipmu.jp/ja/node/1734

一般公開講演会「ヒッグス粒子発見」
日時2013年11月9日(土) 13:30~15:45
場所東工大蔵前会館 くらまえホール
対象どなたでもご参加いただけます
参加費無料
定員300名 (先着順)
参加登録不要
概要プログラム
挨拶/司会 久世正弘 (東京工業大学 大学院理工学研究科)
「ヒッグス粒子の発見」 陣内修 (東京工業大学 大学院理工学研究科)
「ヒッグス粒子を超えて」北野龍一郎 (高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所)
お問合せ東京工業大学大学院理工学研究科基礎物理学専攻事務室
TEL 03-5734-2364
ホームページhttp://www.titech.ac.jp/news/2013/023837.html

一般講演「ヒッグス粒子発見」
日時2013年10月27日(日) 13:30~16:00頃
場所早稲田大学 国際会議場 井深大記念ホール
対象広く一般の方々
参加費無料
定員450名(先着順)
参加登録不要
概要プログラム
「LHC加速器、ATLAS実験の歴史」小林富雄(東京大学・教授)
「ヒッグス粒子の発見」寄田浩平(早稲田大学・准教授)
「ヒッグス粒子を超えて」北野龍一郎(高エネルギー加速器研究機構・教授)
お問合せEmail higgsatlist.waseda.jp
ホームページhttp://www2.kylab.sci.waseda.ac.jp/?p=783

2013年度日本物理学会科学セミナー 「宇宙における物質の起源と進化」
日時2013年8月22日(木) 、23日(金)
場所東京大学本郷キャンパス小柴ホール
対象大学生,教員の方,一般の方々
参加費無料
定員160名.先着順とし,定員に達し次第,締め切ります
概要プログラム・講演スライド

市川温子(京都大学)
反物質はどこへ-素粒子実験が挑む物質優勢宇宙の謎-(動画)
  (視聴回数が30,000回を超えました!)
お問合せemail: seminar-at-jps.or.jp(-at- を @ に置き換えて下さい。),
電話:03-3816-6201   FAX:03-3816-6208
ホームページhttp://www.jps.or.jp/public/seminar/scisemi2013.html

首都大学東京物理学教室オープンクラス
日時2013年8月9日(金)
場所首都大学東京物理学教室
対象高校生
参加費無料
定員30名.先着順とし,定員に達した場合,受付を終了します
概要講演スライド

安田修(首都大学東京)
素粒子論入門
ホームページhttp://www.phys.se.tmu.ac.jp/event/openclass/

第4回 市民講座 「宇宙と物質の謎に迫る」
日時2011年10月10日(月)
場所京都大学百周年時計台記念館(大ホール)
対象中高校生以上
参加費無料
定員500名
概要プログラム・講演スライド

中家剛(京都大学)
「究極の世界を見る-巨大な素粒子実験-(動画)
  IEの場合IE以外の場合
ホームページhttp://www.scphys.kyoto-u.ac.jp/gcoe/Announcements/
Public_Lecture/past_shimin.html