学振応募書類

  • 学振特別研究員に応募する修士学生の参考になればいいなと思って載せています
  • 結果については、一切の責任を負いかねます、あしからず
  • まとめる際、内容についての確認はしていません
  • 執筆時の感想などを書いておきました
  • どういう点を改善していったかも分かると面白いと思うので、途中の草稿もできるだけ置いておきました
  • ファイル名 : 執筆年度_区分_版数

覚書

  • 大阪大の山中さんたちが作成している科研費LaTeXを使って作成
  • 途中の草稿が全く残ってなかった、が、決して一発で完璧だったわけではない
  • TeX環境がすでにあるひとはじゃんじゃん使うべし!はかどる、はかどる!!
  • 電子v出現事象が発見された年で、今後の予定を大きく書き換える必要があったので、わたわたしながら書き上げた。昨年度よりうまく書けていない気がしたのだが、採用された。

覚書

  • 判定A(だったかな?)
  • WEBページにあるPDF様式を、Pages貼り付けて作成した
  • Wordを使うよりストレスなく書ける気がした(錯覚かも)
  • 数式を書き込むのが面倒くさかった気がする
  • 自分の中では渾身の出来だった、が、落ちた
  • 大震災のあった年で、提出〆切が6月に延びた

覚書

  • 判定D
  • 学振のWEBページにあるWord様式で作成
  • 右も左も分からず書いたので落ちた